フレンチレストランの注文

フレンチレストランに行くときに緊張を感じるのは
料理の注文をするときかもしれませんね
日本のフレンチレストランなら日本語表記がしてあるでしょう
海外ですと英語やフランス語ですので何が書いてあるのか理解に苦しみます
英語でもできる人ならいいんでしょうけどね

とりあえず日本にあるフレンチレストランについて考えましょう
フレンチレストランの特徴は自分でコース料理を決める場合と
あらかじめ決まったコース料理があるということでしょうか。
つまり一品ずつ好きなものを注文するか
決まった料理が運ばれてくるのを待つという違いがあるのです

どちらが良いのでしょう?
この点で気をつけるべきマナーは食べきるということです
フレンチレストランによっては自分にとって量が多いこともあります
ですから注文時にどれくらいの量の料理かを聞いて
食べたいものを注文することができるでしょう

コース料理の場合は値段が高くなると全体の量が増えることが多いようです
ですから自分が食べられる程度の量のコースを選ぶことがマナーでしょう
もちろん注文時にその点を相談することで
対応してくれるようなフレンチレストランもありますので
気軽に尋ねてみることができるでしょう

ではコース料理が無い場合にはどうすればいいでしょうか?
その際にはコース料理を意識して注文をすることができます
つまり前菜、魚料理、肉料理、デザートを注文することです
実はこのルール、かなり厳格なものとなっているようです
お腹がいっぱいだからといって前菜ひとつだけとか
前菜を三つ頼むだけということは許されないようです
ですからこの種類の料理を注文することが必要になるでしょう

さらに料理を楽しむ点で覚えておきたいことがあります
これはマナーということではないようです
日本のお寿司屋さんについても思い出すとわかりますよ
一番初めにトロのような脂の強いものを注文することは本来ないようです
はじめに味の濃いものを食べると
舌が馬鹿になってしまうため、味覚がはっきりしなくなるのです

同じことがフレンチレストランでも言えるのです
はじめに味の濃い前菜を食べてしまうと
その後のフランス料理の味がはっきりしなくなってしまうのです
美味しく食べるために覚えておきたいポイントですね

【ブックマークサイト】

脱毛 横浜

 

フレンチレストランとワイン

フレンチレストランに食事に行ったときの飲み物といえば?
この質問には、多くの方が「ワイン」と答えるでしょう。
確かに一般的な考えとして、フレンチにはワインがつき物です。
日本人にとっては、少し慣れない感覚かもしれませんね。

なぜなら一般的な食事の時にお酒のみを勧められるということが
わたしたいの生活の中では少ないからではないでしょうか。
自宅ならば、お水や麦茶などを飲みながら食事ではないでしょうか。
お食事処でも、お茶などを一緒に食べるのではないでしょうか。

フレンチレストランでは、ワインを勧められることが多いですね
しかし郷に入っては郷に従えといわれるように
料理を際立たせるワインを注文することにしてみましょう。
どのように注文することができるでしょうか?

ソムリエがいるようなフレンチレストランの場合には、
料理の注文が終わった後に、ワインリストが渡されるでしょう。
そのワインリストから飲みたいワインを選ぶことができます。
どのワインが良いかわからない場合にはどうすればいいでしょうか?

そんな時にはソムリエに自分の希望を伝えてみるといいでしょう。
まずはどんなワインが飲みたいかのイメージを伝えます。
そしてワインにかけられる予算を伝えることができるでしょう。
それだけで自分好みのワインを飲むことができるでしょう。

ワインには多くの種類がありますので少し知識を仕入れておくと
さらにワインを楽しく飲むことができるようになります。
例えばワインの産地についてや種類について
少しだけ勉強をしておくといいのではないでしょうか。

フレンチレストランでワインを頼む時に、ある裏技があるようです。
まずはワインの量がそれほど必要じゃないときの方法です
ボトルで注文するのではなくグラスワインを注文します
そうすることで量も値段も低くて済むでしょう。

次に予算を低く抑えるための方法です。
それはフレンチレストランで一番安いワインを注文することです。
実は多くのソムリエが一番安いワインの質に気を配っているようです。
ですから安いワインは悪いものではなく、
そのフレンチレストランの質を知ることができるもののようです


このページの先頭へ