フレンチレストランの食事方法

フレンチレストランを楽しむ秘訣には
その食事に注意することが関係しているようです
どのように食事をすることでフレンチを楽しめるのでしょうか。

フレンチレストランで提供されている料理は
フランスの宮廷料理から派生していることはご存知でしょう
ですからフレンチを頂くときには
宮廷生活をしているようなイメージを持つ必要があります。
さらに上品な食事スタイルを示すことが求められています。
ですから急いでせかせか食事をするのではなく、
食事相手との会話を楽しみながらゆっくりと食事できるでしょう。

このように上品に食事をすることは相手へのマナーともなっています
日本で食事をしていると次のような光景を見ることがあるでしょうか?
それは男性が早く食事を終わってしまうという光景です。
そんなとき相手の女性は急いで食べていることがあるでしょう。

フレンチレストランではそのようなマナー違反は止めたほうがいいですね
フレンチを頂く時にはゆっくりと相手のスピードに合わせましょう。
もしも食べるのが早すぎるときには
ワインを口にして時間を持たせることや
お皿の上の料理を食べきらないように注意することができるでしょう。

もちろんフレンチ以外でもこのようなマナーを示せれば
どんな食事風景もやさしさの溢れるものとなるでしょう。
食事をさらに美味しくする方法は
料理技術や材料だけではないことがわかるのではないでしょうか。

さらにフレンチレストランでは料理を褒めることがポイントになっています
つまり美味しいものは美味しいということが必要です。
日本人にとって褒め言葉を述べるというのは
少し抵抗があることかもしれませんね

それでもフレンチを頂いているときには
美味しいと伝えておくことが必要でしょう。
この褒め言葉を言うタイミングとしては
料理を食べきって、お皿が提げられる時でしょう。
もちろん料理を食べきってもいない状態で皿を提げてもらうときには
言わないほうがいいのではないでしょうか。
明らかに言葉と行動があっていないからです。

【ブックマークサイト】

新型クラウン

 

フレンチレストランのカトラリー

フレンチレストランに行くときには
自分の前の状況に注意して、食事を楽しむようにしましょう。

ナイフやフォークやスプーンはどのようにセッティングされているでしょうか?
フレンチの一般的なマナーとしては外側にあるものから
順々に使用していくことが求められています。
このようなセッティングされている食器すべてをカトラリーと呼びます。
カトラリーはレストランによっては
フルセッティングされていないときもありますので、
そのような時には順次調整されますのでお任せしておくことができます。

ひとつの料理にひとセットのカトラリーを使用するというルールはありません。
ですからソースをすくう、手ではなくカトラリーを使うといった
自分の食べやすい方法で食べることができるでしょう。
もちろん交換や補充が行なわれないときには
ひと声かければそれで解決することでしょう。

さらに最近になってフレンチに広まっている考え方があります。
それは相手の料理も食べてみたいときにする行動のことです。
色々な食事をしたいというのがわたしたちの欲求でしょう。
ですからフレンチでもお皿を交換して料理を楽しめるのではないでしょうか。

しかし以前のフレンチ料理のマナーでは違反行動とされているものでした
料理を楽しむという観点からマナーが考えられるようになり
このような行動もふさわしいものとなってきたのです。

ではどのようにして相手の食事も楽しめるでしょうか?
自分たちでお皿を交換することは避けたほうがよいでしょう。
なぜなら手が滑ってしまうこともあるからです。
お皿の交換を希望していることを伝えて、変えるのはお任せしましょう。

フレンチ料理の楽しみ方はひとつに固まっている部分と
時代によって変化してきているものもあります。
ですから以前のマナーの考え方にこだわることなく
新しいマナーについて学んでおくことができるでしょう。
そうすることでフレンチを常に楽しむことができるのではないでしょうか。

このページの先頭へ