フレンチレストランの会計

フレンチレストランで美味しく料理を楽しむことができたなら
最後に行なうべきことは会計となっています。
フレンチは宮廷料理から始まったものですから、
上品に食事を楽しむことができたでしょう。
ですから会計も上品に行なう方法を覚えておくといいでしょう。

日本のファミリーレストランのような会計スタイルではありません。
これは外国に旅行された方なら理解できるのではないでしょうか
外国のレストランであれば、会計はテーブル上で行なうのが一般的だからです。
「チェックプリーズ」と言えばすべてが進んでいくことでしょう。

ですから日本でのフレンチレストランでも
同じスタイルで会計を行なうことができるようになっています。
テーブルからたつことなく、会計をお願いすることができるでしょう。

もちろんその会計のタイミングとしては
デザートが終わったあとのタイミングがふさわしいでしょう。
それよりも前のタイミングですと
他のオーダーもすることが考えられますので
フレンチ料理すべてが終わったタイミングを見計らうようにしましょう。

ここで大切なことは会計の際には明細のチェックを忘れないようにすることです。
フレンチレストランだけでの問題ではありませんが、
オーダーミスなどが完全にないとは言い切れないのです。
ですから明細を丁寧に確認しておくことはマナーのひとつと言えます。

そのような明細にはどのような料金が含まれているでしょうか?
料理の値段だけではなく、ワインなどのお酒の値段が記されています。
レストランによってはミネラルウォーターが別料金のところもあるでしょう。
さらにパンやバター代が別料金の場合もあります。
サービス料や税金もかかりますのでお忘れのないように!

一般的に会計は現金でもカードでも大丈夫でしょう。
しかし小銭などで時間がかかるよりも
食事の際の上品さを続けられるように、
さっと支払いを済ませるほうがよいのではないでしょうか。
そうすることで食事の味を壊さず退店することができるでしょう。

【ブックマークサイト】

フィットシャトル

 

フレンチレストランと日本人

フレンチレストランやフランス料理に魅力を感じたことがありますか?
なにか高尚な料理のように感じ、敬遠をしているでしょうか?
このような感覚は日本人ならばどちらもあるのかもしれません。
なぜそのように言えるでしょうか?

フレンチに魅力を感じる理由は、
そこで使われている素材や技術というものが
和食と異なっているように感じるからでしょう。
確かに和食の中で積極的にクリームやソースを活用しているものは
数えるほどしかないでしょう。
ですから他の文化に魅力を感じるのは不思議ではありません。

この点はフレンチの側からもそう言えるようです。
なぜなら近代のフレンチの技術の中には
和食で培われてきた日本の技術も活用されてきているからです。
食という文化をさらに楽しむために
このような文化交流による相互発展が行われていくことで
世界が広がっていくのではないでしょうか。

フレンチを敬遠する理由はどこにあるのでしょうか。
それは和食とフレンチの素材活用の違いにあるのかもしれません。
もともとフランスは素材を新鮮な状態で活用することが難しい地域だったようです。
特に首都パリは内陸部であったために
新鮮な魚などを手に入れることが難しい状況でした。
そのためソースなどにより味を作りだすことが必要になったのです。

和食を作る日本は海に囲まれているので
新鮮な材料を手に入れる機会に恵まれていました。
そのため素材本来の味を引き出すことを好むのでしょう。
これは環境だけではなく、文化性の違いとも言えるでしょう。

もちろん日本でも内陸部の料理は形が異なっているようです。
乾燥材料などを上手に活用することが行なわれています。
ですからこのような技術発展の歴史の違いを認識することで
フレンチを敬遠するというのではなく、
互いの文化を認めることができるようになるのではないでしょうか。
そうすることが食の楽しみを広げて
和食では知りえなかった味をフレンチに見出すことができるのです。

このページの先頭へ